発明をテーマに未来の技術者をめざして様々なものづくりに挑戦する北名古屋市の子どもたちのクラブ「北名古屋市少年少女発明クラブ」

ものづくりコース 活動報告

0

ものづくりコースでの活動報告を順次掲載してまいります。

7月(第3回)


 基礎コースでは、「イライラ棒ゲーム」を製作しました。いらいら棒がいらいら線に触れるとLEDの点灯とブザーが鳴る仕組みの電子工作です。
 また、この作品の通じて、発明クラブでの電子工作の基本である「半田ごてを使い、はんだづけをマスター」する練習をしました。5月~7月の3ヶ月で、作品を作りながら発明クラブで使う基本的な道具の使い方などを覚えていきました。
 夏休み後の9月の活動は、発明クラブに所属する2年目以降クラブ員(メインコース)と一緒に、同じ作品を製作していきます。


 メインコースでは、6月・7月の2ヶ月かけて一つの作品「踏み台」を製作しました。「踏み台」としての強度を高めるために、2ヶ月で計64本の小さく細い釘を打ち続けました。また、作品をきれいに仕上げるため、初めて使うゴム糊の独特の臭いに悪戦苦闘でしながら突板(つきいた)を張ることで、作品の出来栄えは見事なものでした。
 さて、クラブ員のみんなは、「踏み台」の収納箱には何を入れるのかな??

6月(第2回)


 基礎コースでは、「倒れない本立て」を製作しました。本立ての底板に半丸板を取り付けることで、本立てが左右どちらか一方に傾き、本が倒れない仕組みとなっています。

  
 メインコースでは、6月・7月の2ヶ月で一つの作品「踏み台」を製作します。小さい釘をたくさん打ち強度を高め、突板(つきいた)を張り、きれいに仕上げます。来月の完成が楽しみです。

5月(第1回)

今年度、「ものづくりコース」最初の活動日でした。5/20(土)・21(日)・27(土)の午前・午後の6クラスで総勢285名が参加しました。


発明クラブに今年度初めての入ったクラブ員は、基礎コースで5月・6月・7月の3ヶ月で道具の使い方などを覚えながら作品を作っていきます。今月は、「潜望鏡」を製作しました。
(鏡を2枚使い角度を変えていくと、なんと人形の数が……不思議実験は楽しかったね)


発明クラブに入って2年目以降のクラブ員は、メインコースで昨年までに培った技術などでトランジスタラジオを製作しました。最近はラジオを聴く機会が少なく、あまり身近なものではなくなりましたが、完成したラジオから音が聴けた時は皆とても喜んでいました。

ゲルマニュームラジオ原理、(廃物のLANケーブル、ビニール袋、アルミ箔、圧電素子スピーカー、ダイオードでもできるよ。究極のLANケーブルラジオ

0

後援企業

Twitter リアルタイム情報

アクセスカウンター

  • 235現在の記事:
  • 9971総閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 78昨日の閲覧数:
PAGETOP
Copyright © 北名古屋市少年少女発明クラブ All Rights Reserved.