発明をテーマに未来の技術者をめざして様々なものづくりに挑戦する北名古屋市の子どもたちのクラブ「北名古屋市少年少女発明クラブ」

ものづくりコース 活動報告

1+

ものづくりコースでの活動報告を順次掲載してまいります。

平成30年度 

月(第4回) 


9月から発明クラブ1年目のクラブ員(基礎コース)と2年目のクラブ員(メインコース)が一緒になって、同じカリキュラムで作品を製作していきます。
9・10月の2か月間で「からくり階段」を製作していきます。9月は「からくり階段」を作るために正確に木材を切ったり、土台作りを製作しました。
来月の10月は、正確に切った木材を組み合わせて、「からくり階段」の完成を目指します。

月(第3回) 


基礎コース3か月目の活動では、電子工作でイライラ棒が線に触れるとLEDの点灯とブザーが鳴る仕組みの「イライラ棒ゲーム」を製作しました。
また、この作品で発明クラブにおける電子工作の基本である「半田ごてを使い、はんだづけをする」練習をしました。5月~7月の3か月間で、作品を製作しながら発明クラブで使う基本的な道具の使い方などを覚えていきました。
夏休み後の9月の活動は、発明クラブに所属2年目以降のクラブ員(メインコース)と一緒になって、同じ内容の作品を製作します。


メインコースでは、工作キットを使った「電子ホタル」を製作しました。キットの基板が小さく、細かい「はんだづけ」でクラブ員は四苦八苦しながらも真剣に「はんだづけ」に取り組んでいました。

月(第2回) 


発明クラブ2回目となる基礎コースでは、木工工作の「倒れない本立て」を製作しました。本立ての底板に半丸板を取り付け、本が本立ての左右どちらか一方に偏ることで、本が倒れない仕組みとなっています。

メインコースでは、木工工作の「道具箱」を製作しました。クラブ員の中には基本ベース(レシピ)の「道具箱」から自分独自の「道具箱」に改良するクラブ員もいて、いろいろなアイデアが詰まった「道具箱」を製作していました。
クラブ員のみんなは、作った「道具箱」に何を入れるのかな??

5月 (第1回)

今年度、「ものづくりコース」での最初の活動となりました。5月・6月・7月の3か月間は、発明クラブへ初めての入ったクラブ員(基礎コース)と2年目以降のクラブ員(メインコース)に分かれて、活動を行います。


基礎コースでは、5月・6月・7月の3ヶ月をかけて、道具の基本的な使い方などを覚えながら作品を作っていきます。今月は、紙工作の「潜望鏡」を製作しました。


メインコースでは、これまでの作品を製作する内容ではなく、乾電池などを使い、いつもと違った実験を通した活動で科学実験「乾電池でできること?」を行いました。

平成29年度 

3月(最終回)


今年度最後の活動となった今月は、オリジナル「逆回転時計」を製作しました。
既存の時計を分解し、時計の動きを逆回転させ、ホワイトボードにその部品を取り付け、クラブ員一人ひとりがオリジナルの逆回転時計を自由に創作しました。

また、3/18(日)の活動後には、この3月でクラブを卒業する中学校3年生のクラブ員の卒業式を行いました。
長い間、発明クラブの活動に参加してくれてありがとうございました。指導員・事務局一同、君たちの4月から新しく始まる輝かしい門出をお祈りしています。

2月(第9回)


今月は、『難題に挑戦「三角パズル」』を製作しました。
カッターナイフを繊細に扱い、スチレンボードを丁寧かつ正確に切ることで、表裏が直角の細かい三角形を作ることで、様々な三角パズルを作ることができます。写真は、クラブ員が作った三角パズルの模様です。
来月の3月は、今年度最後の活動となり、「逆回転時計」を製作します。

1月(第8回)


新しい年を迎え、最初の活動となった今月は、北名古屋市少年少女発明クラブで毎年恒例の「トンボ玉のキーホルダー」を製作しました。
「トンボ玉」は数百度になるガスバーナーの炎でガラス棒を溶かしながら芯棒に巻き付けて作るガラス細工で、全く同じものを作ることができない世界に一つだけの「トンボ玉」です。

12月(第7回)


今月は、『光る「スマートボール」』を製作しました。
ボールが入った穴によって、2種類のLEDイルミネーションがそれぞれ光ったり、メロディーが鳴ったりします。

11月(第6回)


今月は、『デコって楽しい「ペン立て」』を製作しました。
木工工作のペン立てを作った後に、本来の使い方とは違いますが半田ごてで木材にイラストなどを描き、世界に一つだけのクラブ員オリジナルのペン立てを製作しました。

10月(第5回)


先月に引き続き、『使って便利「リモコンカー」』を製作しました。
今月は、先月製作したリモコンカーの土台にクラブ員が自由なアイデアで本体部分を製作しました。
また、クラブ員が製作した一部の作品を11/3(金・祝)に健康ドームで開催された北名古屋市商工会主催「第9回 商工祭」において、発明クラブの出展ブースに展示しました。

9月(第4回)


楽しい夏休みも終わり、今月から発明クラブ1年目のクラブ員(基礎コース)と2年目のクラブ員(メインコース)が一緒のカリキュラムで作品を製作していきます。
9・10月の2ヶ月で『使って便利「リモコンカー」』を製作します。
そして、今月はリモコンカーの土台とリモコンスイッチを製作しました。リモコンカーの土台となるギアボックスの組み立てやリモコンスイッチの細かいはんだづけに四苦八苦しながら製作しました。
リモコンカーの土台はみんな同じだけど、10月の本体部分はクラブ員それぞれが自由なアイデアで作る自由製作となります。
来月、みんながどんなアイデアを考えてくるか指導員はとても楽しみにしています!

また、9月から活動日の振替えができなくなりご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようお願いします。
なお、欠席時の対応策について、クラブ員専用ページ『クラブからの大切なお知らせ』をご覧ください。

クラブからの大切なお知らせ
*閲覧にはクラブ員専用パスワードの入力が必要です。

7月(第3回)


 基礎コースでは、「イライラ棒ゲーム」を製作しました。いらいら棒がいらいら線に触れるとLEDの点灯とブザーが鳴る仕組みの電子工作です。
 また、この作品の通じて、発明クラブでの電子工作の基本である「半田ごてを使い、はんだづけをマスター」する練習をしました。5月~7月の3ヶ月で、作品を作りながら発明クラブで使う基本的な道具の使い方などを覚えていきました。
 夏休み後の9月の活動は、発明クラブに所属する2年目以降クラブ員(メインコース)と一緒に、同じ作品を製作していきます。


 メインコースでは、6月・7月の2ヶ月かけて一つの作品「踏み台」を製作しました。「踏み台」としての強度を高めるために、2ヶ月で計64本の小さく細い釘を打ち続けました。また、作品をきれいに仕上げるため、初めて使うゴム糊の独特の臭いに悪戦苦闘でしながら突板(つきいた)を張ることで、作品の出来栄えは見事なものでした。
 さて、クラブ員のみんなは、「踏み台」の収納箱には何を入れるのかな??

6月(第2回)


 基礎コースでは、「倒れない本立て」を製作しました。本立ての底板に半丸板を取り付けることで、本立てが左右どちらか一方に傾き、本が倒れない仕組みとなっています。

  
 メインコースでは、6月・7月の2ヶ月で一つの作品「踏み台」を製作します。小さい釘をたくさん打ち強度を高め、突板(つきいた)を張り、きれいに仕上げます。来月の完成が楽しみです。

5月(第1回)

今年度、「ものづくりコース」最初の活動日でした。5/20(土)・21(日)・27(土)の午前・午後の6クラスで総勢285名が参加しました。


発明クラブに今年度初めての入ったクラブ員は、基礎コースで5月・6月・7月の3ヶ月で道具の使い方などを覚えながら作品を作っていきます。今月は、「潜望鏡」を製作しました。
(鏡を2枚使い角度を変えていくと、なんと人形の数が……不思議実験は楽しかったね)


発明クラブに入って2年目以降のクラブ員は、メインコースで昨年までに培った技術などでトランジスタラジオを製作しました。最近はラジオを聴く機会が少なく、あまり身近なものではなくなりましたが、完成したラジオから音が聴けた時は皆とても喜んでいました。

ゲルマニュームラジオ原理、(廃物のLANケーブル、ビニール袋、アルミ箔、圧電素子スピーカー、ダイオードでもできるよ。究極のLANケーブルラジオ

1+

後援企業

Twitter リアルタイム情報

アクセスカウンター

  • 708現在の記事:
  • 36457総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:
  • 43昨日の閲覧数:
  • 21862総訪問者数:
  • 2017年5月3日カウント開始日:

★ 近くの発明クラブを調べてみよう

北名古屋市少年少女発明クラブ ホームページのQRコード

PAGETOP
Copyright © 北名古屋市少年少女発明クラブ All Rights Reserved.